トヨタスープラ  速い2代目 A80型

トヨタ(TOYOTA)

トヨタスープラ  速い2代目 A80型

スープラ 2代目 A80

スープラ改造

出典 http://tuning.im

シーケンシャルツインターボを採用。

NA仕様
(クラウンなどと同一型式のエンジン)
で225PS、ターボ仕様はアリスト
(JZS147系)に搭載されていた
シーケンシャル方式ツインターボ
(トヨタは「2ウェイツインターボ」
と呼称)で、最高出力が280PS、
最大トルクは44kgf·m
(1993年~1996年)を発生した。

また、
当時の日本産国内向け乗用車
としては初となる6速MT
(ドイツ・ゲトラグ社と
トヨタとの共同開発)
を搭載した。

なお上級モデルには
17インチ扁平タイヤ・ホイールと
それに対応した
大型ブレーキキャリパー
(前・対向4ポッド
後・対向2ポッド)と
大径ローターを装備するものの、
発売当初は
アメリカ専売モデルのみの採用で、
日本国内モデルへは当時の
運輸省の認可が
下りなかったために翌年まで
持ち越された。

出典 http://ja.wikipedia.org

ツインターボ

出典 http://www.importmeet.com

スープラは今も大人気。

2002年8月、
「平成12年度排出ガス規制」
に対応できなかったため
(同一型式のエンジンを
搭載するアリストは
ターボ・NAともに対応)、
ライバル車種の
日産・スカイラインGT-Rや
マツダ・RX-7などと共に
生産を終了した。

高剛性のボディや
エンジンに加え、
トヨタ車における
スポーツフラッグシップ車で
あったことから、
TRD等のメーカー直系だけでなく、
他社からも多くの
アフターパーツが発売された。

ゆえに2017年現在でも
チューニングベースとして
使用されることが多い。

出典 http://ja.wikipedia.org

スープラの動画まとめ。

スープラの華麗な走り。

モンスタースープラ

気になるTWのスープラはどうなの?

1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ