日産シルビア 歴代 初代 CSP311型

ニッサン(NISSAN)

日産シルビア 歴代 初代 CSP311型

初代シルビアは

発売当時は

日産が造っていなかった!

スカイラインやフェアレディZが

大人気となりシルビアは身を潜める

形となってしまった。

初代シルビアCSP311型
(1965年から1968年)

についてこのページでご紹介します。

ダットサン クーペ1500

1964年の
第11回東京モーターショーに
「ダットサン クーペ1500」
として出品された後、
1965年4月発売。

ダットサン・フェアレディ
(SP310型)のシャーシに
SUツインキャブ付R型
1,600cc OHVエンジンを
載せ、クーペボディを架装して
作られた。

同社の車種としては
初採用のフロントディスクブレーキ、
および4速フルシンクロの
トランスミッション、
クリスプカットと呼ばれた
美しいデザイン

出典 http://ja.wikipedia.org

シルビア初代

出典 http://gazoo.com

継ぎ目を極力減らした
ボディパネルなど意欲作で
あったが、美しいルックスには
不釣合いなタフな乗り心地や
相対的な割高感に加え、
兄貴分のスカイラインや
オープン版のフェアレディの
影に隠れて商業的には成功したとは
言えなかった。

そのため、
1968年6月に554台のみで
生産を終了、一旦は絶版となった。

この初代シルビアは、
殿内製作所
(現在の株式会社トノックス)にて
製造された。

出典 http://ja.wikipedia.org

ニッサンシルビア

出典 http://auctions.c.yimg.jp

初代日産シルビア軍団様

1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ