ローレル laurel 7代目 C34型系

ニッサン(NISSAN)

ローレル laurel 7代目 C34型系

全車3ナンバーに変更。

全車3ナンバーとなり、
ボディ形状は、側面衝突時の安全性を
確保する観点から、センターピラーを
加えた4ドアピラードハードトップ
となる、室内空間の居住性が
大幅に改善された

ASCD
(オートスピードコントロール)、
ステアリングスイッチは
メダリストV・Gセレクションにのみ
装備された。

クラブSには電動スーパーハイキャス
、ABSが装着されたものが
用意された。

搭載エンジンはRB20E型、
RB20DE型、RB25DE型および
RD28型。

4気筒1.8Lは廃止となった。

ビスカスLSD、
リアマルチリンクサスペンション、
電動SUPER HICASを採用、
ディーゼルRD28型については
3バルブヘッド
(計18バルブ)が採用された。

ミッションは5速MTが
ディーゼルメダリストのみに残り、
ガソリン車のMT車は廃止。

出典 http://ja.wikipedia.org

ニッサンローレル

出典 http://www.shaken110.com

外観デザインを大幅に変更。

1994年9月 -
マイナーチェンジで後期型となり、
外観デザインが大幅に変更された。

フロント周りは、ライト、
グリル、ボンネットの変更なので
前・中期とバンパーは共通
(メダリスト系ターボ車はクラブS用
を装着)だが、リア周りは
リアテール、バンパー形状の
変更によりボディに溶接される
リアフェンダーの形状が
前・中期と異なる。

今回のマイナーチェンジで
運転席SRSエアバッグが
全車標準装備となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

ローレル7代目

出典 http://usedcarnews.jp

日産 ローレル C34型

C34 ローレル 後期 CM

感想をまとめてみました。

【DI】ローレルC34(メダリストV・Gセレクション)①
乗り心地は当時でさえ既に珍しいフワフワサス。燃費重視の純正タイヤはグリップが低く、ステアフィールはアンダイレクト、自発光メーターの意匠共々当時のベンチマーク車・初代セルシオの影響大にも思える。 #クルマ
職場のドリフト専用C34ローレルがメッサーシュミットBf-109カラーになっててシコい
@harachan_1104 C34っぽいテールすこ。

日産はローレル復活させて、どうぞ(懇願)
職場のメッサーシュミット柄のC34ローレルの爆音で耳がおかしい

1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ