デ・トマソ・ヴァレルンガ デ・トマソ初の市販モデル

デ・トマソ(De Tomaso )

デ・トマソ・ヴァレルンガ デ・トマソ初の市販モデル

アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード

ヴァレルンガ(Vallelunga )は
イタリアの自動車メーカー
デ・トマソが1964年から1968年まで
少数生産したミッドシップ2座席
スポーツカーである。

ミッドシップの市販車としては
フランスのルネ・ボネ・ジェットに
次ぐもので、デ・トマソ初の
市販モデルである。

出典 http://ja.wikipedia.org

デトマソ

出典 http://rewrite.origos.hu

レーシングカー譲りの技術

エンジンは英国製
フォード・コーティナなどに
用いられていた水冷直列4気筒の
通称「ケント・ユニット」
排気量1,498ccを102馬力/6,000rpmに
チューンしたもので、デフと一体化
したギアボックスは
フォルクスワーゲン製、内部のギアは
ヒューランド製、ポルシェ・550等と
同様裏返しにて搭載される。

シャシーはスチール製の
バックボーンフレームと鋼管製の
サブフレームが組み合わせられていた。
サスペンションは
前ダブルウイッシュボーン。

後ダブルトレーリングアームの
独立であった。

FRP製の車体と軽量穴の開けられた
アルミ製部品の使用により重量は
640kgと軽く、ブレーキも4輪
ディスクブレーキで、本格的な
レーシングカー譲りの技術が
随所に用いられていたが、
シャシーの強度不足と駆動系の
振動という問題があったとも
指摘されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

希少価値が高い

生産台数が少ないことによる希少価値、
最初期のミッドシップレイアウトの
市販車という歴史的意義、
高度なシャシー設計、
均整の取れたスタイルから
ヒストリックカーとしての
人気が高く、日本にも1980年代
ころより上陸している。

出典 http://ja.wikipedia.org

The Vallelunga in the barn

1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ