ランボルギーニ・ディアブロ 日産・フェアレディZ (Z32)のパーツを流用!

ランボルギーニ(Lamborghini )

ランボルギーニ・ディアブロ 日産・フェアレディZ (Z32)のパーツを流用!

アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード

伝説の闘牛

ディアブロ(Diablo )は、
1990年にランボルギーニが
発売を開始した二人乗りの
スーパーカーである。

車名のディアブロの意味は
「悪魔」。

伝説の闘牛の名前から取られた。

出典 http://ja.wikipedia.org

伝説の闘牛

出典 http://o.aolcdn.com

(Z32)と同形式の部品を装備

ディアブロは世界中で大ヒット
を博した1970年~1980年代の名車
「カウンタック」の後継車種でもある。

空気抵抗を意識した低い車高と
シザードアといったカウンタックの
特徴を踏襲した。

前期型はカウンタック同様に
リトラクタブル・ヘッドライトを
採用したが、終日ヘッドライト点灯を
義務づけにした国・地域が出たため、
後期モデルでは日産・フェアレディZ
(Z32)と同形式の部品を装備し、
固定式ヘッドライトとなった。

もともとこの流用はユーザーによる
私的な改造として始められたものだが、
それを見たランボルギーニの
関係者によって正式採用された。

ヘッドライトユニットに
NISSANのロゴがあるため、
ライト上部に付けられた眉毛の
ようなカバーで隠されている。

後継車はムルシエラゴ。

出典 http://ja.wikipedia.org

フレームはカウンタック同様

搭載エンジンは初期モデルは
5,709ccV12気筒DOHC48バルブで、
最終型では5,992ccに拡大されている。

そのエンジンをミッドシップに
縦置きするが、
通常と逆に出力軸を前方とし
トランスミッションに接続、
そこから動力を後方に折り返し
ドライブシャフトで
(オイルパンを貫通し)デフに接続、
後車軸を駆動するという、
カウンタックと同様の
コンパクト化手法で配置されている。
ホイールベース長は2,650mm、
カウンタックの最終モデルである
25thアニバーサリーに比べ150mm延長され、
居住性の向上が図られた。

フレームはカウンタック同様の
マルチチューブラーフレームだが、
断面形状が、カウンタックの丸断面に対し、
角断面に変更された。

初期型はメーターパネルが
高くそびえる形で作られており、
前方視界を遮る形となっていた。

このため改造するチューナーが
次々現れたため、
後にメーターの配列やサイズを変更し、
メーターパネル自体を低くして
視界確保を改善する改良を実施している。

出典 http://ja.wikipedia.org

Lamborghini Diablo SV

Lamborghini Diablo VT 6.0

1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ