デ・トマソ・マングスタ スーパーカーの仲間入り

デ・トマソ(De Tomaso )

デ・トマソ・マングスタ スーパーカーの仲間入り

アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード アフィリエイトのアクセストレード

マングスタ(Mangusta )はイタリアの
自動車メーカー・デ・トマソが
1967年から1971年まで生産した
ミッドシップ2座席
スポーツカーである。

「マングスタ」はイタリア語で
動物「マングース」を意味する。

出典 http://ja.wikipedia.org

マングスタ

出典 http://www.supercars.net

スーパーカーの仲間入り

その最大の特徴はヴァレルンガ同様に
フォード製エンジンを用いながらも、
今回は遥かにパワフルなアメリカ製V8
を用いたことで、これによって
軽量スポーツカーであった
ヴァレルンガとは別種のスーパーカー
の仲間入りをし、北米のフォード系
販売網で売られた。

「マングスタ」とは
コブラの天敵であるマングースを
意味するイタリア語であるが、
この命名の背景には同じく
フォードV8エンジンを用いて
スポーツカー・ACコブラを
製作していたキャロル・シェルビーと
アレハンドロ・デ・トマソの間で、
マングスタの開発かフォードからの
エンジン供給を巡って何らかの
トラブルがあったためと言われている。

出典 http://ja.wikipedia.org

最低地上高が低いスーパーカー

エンジンは標準が
289cubic inch(4,728cc)305馬力で
あったが、米国向けは公害対策による
性能低下を補うため
302cu-in(4,949cc)が搭載され
306馬力を発した。

ギアボックスはZF製5速で、
最高速度は250km/hと公表された。
マングスタはアメリカ製V8エンジンを
搭載しており、自製のV12やV8を
搭載するライバルの
ランボルギーニ・ミウラ、
フェラーリ・365GTB/4、
マセラティ・ギブリなどと比較すると
価格は割安で、エンジンの調整も
比較的容易であったが、
重いエンジンによって前後重量配分は
32:68と極端にテールヘビーで、
直進性や操縦安定性には問題が
残っていた。

また、最低地上高もスーパーカーの中でも
低く、街乗りには細心の神経を
遣う必要があった。

出典 http://ja.wikipedia.org

Great V8 Sound

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ