ランボルギーニ・カウンタック 元祖スーパーカー!

ランボルギーニ(Lamborghini )

ランボルギーニ・カウンタック 元祖スーパーカー!

スーパーカーブームの火付け役


いわゆるスーパーカーを代表する
自動車であり、同時にスーパーカーと
いえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表された
マルチェロ・ガンディーニに
よる近未来的なウェッジシェイプを
体現したデザインは、文字通り
世界中に驚きを与えた
(当時はランチア・ストラトスの
ショーカーなど似たようなアプローチの
車種がいくつか登場している)。

デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。
販売車種では珍しく特殊な
エアインテーク機構やNAで
400馬力を超えるV型12気筒5,000cc前後の
モンスターエンジンを搭載するなど
コンセプト、デザイン、システム
すべての点において異彩を放ち、
1970年代後半から1980年代の
日本におけるスーパーカーブームの
火付け役となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

最高速295 km/h

スーパーカーブーム時には
「最高速300km/h」という公称値が
話題となりこれが人気の一端を
担っていたが、実際には当時のLP400
のは300 km/hまで届いては
おらず、最終モデルである
25thアニバーサリーでも
295 km/hに留まる。

また車体下に気流が入って
揚力が発生したり、
巨大なエアスクープの空気抵抗と
導入された気流によって後輪の
トラクションが低下するなど、
ボディは空力的に問題が多い。

この対策としてLP400以降の
モデルにはエアロパーツや、
オプションでリアウイングが
装備されるようになったが、
このリアウイングによる
リアのダウンフォースが強く
高速走行時には前輪の
接地感が薄れるという欠点もあり、
それを補うための
フロントウイングまでも登場する
という始末であった。

出典 http://ja.wikipedia.org

Countach Ride

5000S Extreme sound!

Riding 280km/h

ランボルギーニ・カウンタックLP400

みなさまのツイッター

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ