ランボルギーニ・ミウラ

ランボルギーニ(Lamborghini )

ランボルギーニ・ミウラ

わずか980kgの車体

トラクターの製造販売やエアコンなどの
事業で大成功を収めた
フェルッチオ・ランボルギーニが
フェラーリに対抗すべく1963年に
興したランボルギーニによって
1966年3月ジュネーヴ・モーターショー
にて発表され、1966年から1973年までに
約750台が生産された。

巨大なV型12気筒DOHCエンジンを
横置きしているベルトーネによる
流れるようなスタイルの
2シータークーペで
V型12気筒DOHCエンジンを
ミッドシップに横置きし、
発表時のプレス向け主要諸元によれば
350馬力のノルマーレ仕様でも
わずか980kgの車体を
最高速度300km/hまで引っ張るとされた
(実測データはミウラSで278km/h
というデータが残っている)。

出典 http://ja.wikipedia.org

完成度を高めて現在に残る

市販車として考えられていなかった
ミウラの当初の完成度はけして
高くなかった。

ランボルギーニの公式な区分としては
P400、P400S(単にSともいわれる)、
P400SV(同様にSVとも)と3つの時代に
区切られるが、実際のミウラは
その全期間を通じて一台生産する毎に
完成度を高めて現在に残る名声を
勝ち得ている。
つまり、変更は毎回なされ、
それは機能改良ばかりでなく誤りの
修正もあった。

これはイタリアの小規模メーカーには
よくみられることではあるが、
しかし同時期作られたエスパーダには
このようなことがないといわれている。
SVで385馬力を公称する出力も
現実には310馬力内外だったと
いわれている。

出典 http://ja.wikipedia.org

V12 LOUD SOUND!

LAMBORGHINI MIURA

みなさまのツイッター

1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ